京都新聞   欄に掲載    三十才



心痛む母親の子殺し  
    自分で抜け道作ろう


essay の部屋へようこそ

 母親がわが子を殺すなんて、どん な思いなのでなのあでろう。

  ただ、母性喪失の母親としてのみ責められるには、余りにも

悲しすぎる。わが子のかわいくない親があろうか。死の苦しみ

を超えて、産み落としたもの。一日だって心底にくいなど思える

ものか。子殺しの記事をみるに付け、わがことのように心がう

ずく。何もわからぬ幼児の幼児の死ほど、心痛むものはない。

 そんな事件を見聞きした日は、一日中心が暗い。

何とか彼女たちを救う方法がなっかたものかと、さまざまに心

乱れる。
 私には現在、二歳の男子と十ヶ月の女子がある。悪戯盛り

最高潮の長男、そろそろ自由に行動し始めた長女。かわいい

半面、とてつもない労力が吸い取られる。ときにムラムラと血

圧の上がるのを感じる。
 
 核家族の増えた現在、乳飲み子を抱えた母親は、皆共通の

悩みを持っていると思う。

 貧困は人間の心をいじけさせる。アパートの密室化も、育児

ノイローゼに無縁ではあるまい。夫といえど、仕事で疲れて帰

れば、子守どころではない。しょせん、育児は母親に

100パーセントおんぶしてくる。だから、抜け道を作ろう。自分

だけの時間を積極的に作ろう。周囲の次元の低いうわさなど

気にしないで、中身のある母親になろう。部屋が汚れていたって、

洗濯物がたまっていたって、そんなこと長い人生では何ほどの

ものでもない。かっこよく、上手になまけよう。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
作者評


何しろこれは40年前に投稿したもの。文章の」表記が一部正しくないのですが、一太郎を使うのが

十数年ぶりのせい 。機能はかなり進んでいるのでしょうが、静電気で誤作動の連続で、たったここまで

入力するのに二日間を要しました。めげず、がんばります







next

panji.htmlへのリンク