この投稿文が掲載されたのは京都新聞ではありません。30  歳


人生は常にスタート!!


やよい三月と言えど、夜は更けるとシーンと冷気が漂う。

ある日曜日、

その間に夫と二人の子供たちも寝静り、私一人夕食のあとかた付けを済ませ

机に向かう。
.
 結婚して三年の年月があっという間に過ぎてしまった。

その間に

二子を出産し、今はその世話に明け暮れする毎日である。
 
夢多き娘時代を古都で過ごし

いつも若く持ちたい。人生は常にスタートであると思いたい。

いたずらに、むやみにこの恵まれた時期を過ごすまい。

つまらぬ次元の低い主婦には、成り下がるまい。子供が

小さいから主婦は家にいるべきだといえ考え、人に子供を

預けるのを恐れる気持ちーー最もだと思うが、今の私は

これを振り捨てたい。そうしない限り私に進歩はない。

ただ退屈すぎる老後が待っているのみであろう。まだまだ

遅れている日本の保育事情だが、私たち若い母親が一人一人

積極的に自覚し、改善しようとすることによってたくさんの

核家族の主婦が助けられ、子殺しなどの悲しい事件もなくなる

のです。

冬の夜空は、月の光にハッとするほど青く、家々の大きな影

を落とした黒い土をじっと眺めていると、ふとこんなことを

書きたくなった。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

表記がでたらめになっています。ご了承ください



next