空回りしない自信を

                  30 歳



最近読んだ本の中に、こんな言葉があった。「人は皆、何か自信

の持てるものを持って生きたいものだ」確かにそうだと思う。人よりも

何かで、優れていたい。人に自慢できるものがほしい。当たり前のこ

とである。しかし、この気持ちが、空回りしては、何にもならない。人よ

りも優れているということは、それだけ汗を流していることだから。

口だけで、頭の中だけで、夢を語ってみても、それは結実しない。

そして何かをやり始めると言うことは、今まで持っていた何かを

振り捨てることでもある。

  何を取り、何を諦めるか、とても難しい。ただひとは、自分にないものを

相手が持っていると、羨ましいものである。相手の態度によっては、皮肉の

一つも言ってみたくなる。が、ここで嫌みを言っては、自分の負けである。

進歩もない。人の成功を羨むより、その人の努力を見習うべきだと思う。

そして、人の優れた面には、素直に褒めてやれるだけの豊かさを持ちたいし

、人の好意には、気持ち北感謝したいものだ。これはまた、主婦同士の近所

つきあいにも言える。大切な心得ではないでしょうか。


next