京都新聞   こまど 欄    昭和58年12月5日掲載  37歳

手編みの季節


道路という道路、わくらばが敷きつめる。寒くなった。こんな季節にはコタツで手編みをするのが

好ましい。日当たりのよい部屋なら、編み上がってゆく毛糸の柔らかな手ざわりに、身も心も

ポカポカと安らぐだろう。

白い毛糸が特大の紙バッグに、ぎっしりつまって押し入れに眠っている。モヘア、混毛、純毛と、ここ

数年間に買い集めたものばかり。ついでに真っ赤な純毛の並太が、タンスの上で退屈そうだ。小学

二年の娘にお正月用にカーディガンを」編み上げてやろうと、つい一カ月前に買い求めたも のである。

まだ子供たちが学童前、昼寝の間に、夜主人の帰宅するまでの一時にと、私はよく手編みを楽しんだ。

私のコートは二カ月かかった。夜も昼もなかった。ひたすら一念を貫いた。

けれど仕事を持つようになると、まず物理的に時間を失った。一針一針と、その心をなくして

しまった。

赤い毛糸。仕事が優先して編みかけたまま。この季節、店先で毛糸を見ると、つい手を出す。ここ何年も

大作に取り組む決心もつかないくせに。

子供たちも小二、小4と成長した。もう誰にも着てもらえるあてもないと分かっていながら、私は私の歴史の

染み込んだ作品を、今年も手に取り感触を確かめては、またそっとしまいこんでしまう。

ねくすと