この作品は、”香大賞” という、テーマが『読んで香りを感じる』という800字

エッセイに応募した作品です。海外からも応募があり、3600通に及んだといいます。

残念ながら賞は逃しましたが、最終候補に残りました。

八重の老梅
    昭和61年 3月 京都新聞【私の作品】掲載


梅の花といえば、実家の母は、こぼれるような八重咲きを好む。

彼女が好きだった実家の梅の木は、かれこれ百年近い老木であった。

八重咲きだからか、他の梅の花に比べて少し開花が遅く、それがまた

母には値打ちものらしかった。老木ゆえ、すでに幹の真ん中はえぐられ

たように朽ちてこけむし、年々、枝先にふくらむ蕾の数も淋しくなる一方だった。

来年こそ、よう蕾は付けまいと、母は薄桃色の八重の老梅を振り仰いでは、ひどく

残念そうであった。

頬に柔らかな南風に乗ってあたりに漂う老梅の香りを、母はまたこれ以上かぐわしい

ものは他にない、と絶賛した。

一徹でワンマンだった父も、五年前に他界した。幼い私の目から見ても、およそ非合理

と思える彼の言動にも、明治の女だった母は、グの音も出せなかったようだ。私は母を

おとなしいだけの人だと思っていた。

毎年春先の庭で、そのおとなしい母が、一重の梅は寂しいから嫌いだと、まるで生きた人間に

話しかけるように、ほんまに見事やなあ、生き返るようやなあ、と幾重にも重ねた花弁に

見とれていた。けれど、幼い心の目には、老木は老木でしかなく、たかが梅の花であった。

そのくせ、そのときの母の、どこか悲しげな目が妙に気になって、私はいつまでも母の傍ら

を去り難かった。

幼い私に、結婚よりおんな一人、堂々と生きてゆく人生を説いて、単純ではない心 襞

を垣間見せた母。その母の内面に揺れ続けていたものが、結婚して不惑を迎える私にも

ようやくわかるような気がする。人は、今幸せであることとは無関係に、より贅沢な心の

オアシスを求めては、ふと迷うもの、と。

あの老梅は母の心のオアシスであったに違いない。今、母の老梅が無性に懐かしく

おもいだされる。その私にも、ほんのりと胸の膨らみはじめた娘がいる。









応募する前に、京都新聞社からいただいた手紙があります。

手紙を読む

next